massge

マッサージの効果

投稿日:2018年11月2日 更新日:

刺激が過剰なときは精神鎮静効果を与え、不活発なときは精神精神鎮静効果を与え、不活発なときは刺激効果を与えます。また背中や肩の痛み、生理痛、喉、頭痛など、特定の症状にも効果があります。病気やけがなどの回復途中でも効果があるのでしょう。ただしこれは「治療」とは異なり、とくに慢性的で重症な疾患の場合は、専門の検査と意見が必要です。マッサージを運動の前に使うと、ウォーミングアップになります。運動のあとで行うと、クールダウンになり、筋肉をリラックスにさせ、翌日の筋肉痛を防いでくれます。筋肉の調子を整える効果があるため、マッサージはフィットネスや美容にプログラムでも使われています。またマッサージにエッセンスオシャルオイルを組み合わせると、細胞の再生を促し、皮膚の弾性を回復する効果があります。太りすぎや、スタイルに自信がないなどの理由で、マッサージの受療を避けている人がいますが、実際に受けると、全く違った気持ちになるでしょう。

緊張や凝りは、私たちが考える以上に多くの病気を引き起こします。現代人の多くは、何らかのストレス症状に苦しんでいます。ストレスが肉体的緊張となって表れたものが筋肉の凝り、精神的過活動や不安といった形でも表れます。これらの症状はすべて体の機能を阻害します。ストレスがある人なら誰でもマッサージをおすすめします。マッサージは緊張による体のへの影響を軽減し、頭と感情を鎮静化、生命力を回復します。人と触れ合い、人から世話を受けることは、ストレスの解消に繋がります。

心と体にはこのように深いつながりがあります。体の健康は心の健康を促進し、心のリラックスは体の機能を高めてくれるのです。

 

 

-massge

関連記事

no image

マッサージオイル2

トップノートは発揮性が高く、早く香りが伝わります。すぐに影響が現れ、多くの場合、刺激効果や精神高揚効果があります。ミドルノートには内臓や体の機能を高める働きがあり、ベースノートには鎮静効果があります。 …

マッサージによく使われるオイルの種類とその働き

ゼラニウム(ベースノート) ゼラニウムには利尿作用があり、また肌の浄化、強壮作用があります。痛み、やけど、肌の炎症、下痢、潰傷に効果があり、更年期のホルモンバランスを整えます。精神の鎮静作用と高揚作用 …

セルフマッサージについて

自分で行うマッサージは必ずしも、よくないというわけではありません。筋肉や関節をほぐし、調子を維持するのにとても良い方法です。パートナーが見つからないときや、調子を維持するためにとても良い方法です。パー …

no image

マッサージとは何か

マッサージとは、接触による療法のひとつ。ときに前腕や肘などを使って行うこともありますが、たいていは手で施術します。なでる、こするなどさまざまな動作があり、そういった動作を行いながら皮膚の上を移動し、筋 …

マッサーッジによく使われるオイルの種類

ベースオイル グレープシード さらりとした安価なオイルで、ベースオイルとして使われます。使用用途が広く、単独でも、ベースオイルとしても使用します。 スウィートアーモンド グレープシードオイルと並ぶ、代 …