massge

40代のイライラ更年期それともPMS

投稿日:2018年10月22日 更新日:

「最近何だかやたらと無性にイライラするようになった。前はそんなことなかったのに。もしかして更年期それともPMS。」40代にはいり、そんな風に感じていませんか。

閉経をむかえる前後10年間を更年期期間と言われていて、日本人女性の閉経年齢は50歳前後です。だいたい45歳から55歳が更年期の時期になりますが、女性は、30代後半から徐々に始まる女性ホルモンのエストロゲンの減少から、更年期に向かい卵巣がナイーブになっていっていくことにより、ストレスや寝不足、食事などの影響をうけやすく生理も不順になりやすくなります。

更年期の症状としては、以下のような症状が現れます。

・イライラする

・ほてりやのぼせ

・多汗・めまい・頭痛

・倦怠感

・だるさ

・疲労感

更年期といっても気にならない程度のひともいれば、日常に支障をきたしてしまう人やひとそれぞれです。

30代女性からすると、「更年期はまだ先のこと。私と関係ない。」と思われがちですが、「プレ更年期」と言って更年期と似た症状があらわれることもあります。「最近イライラする」「無性に怒りぽくなった。」と感じているなら、もしかしたらプレ更年期が始まっているかもしれません。

更年期障害の3大原因として

1・エストロゲンの減少 2・セロトニンの減少 3・ストレスの増加

があります。

更年期はだれにでも起こりますが、少しでも症状を軽くするためにできることがあります。

1・朝日をしっかり浴びる

セロトニンには、朝日をしっかり浴びることで活発に分泌する性質があります。夜や眠っている間にはほとんど分泌されないため、朝太陽の光を感じることで日中にしっかり分泌させることができます

2・酵素やミネラルを含んだ食事を心がける

ストレスがある状態だとたくさんのビタミンを消費してしまうので、とりましょう。ビタミンがしっかり働いてくれるのには、ミネラルと酵素なのでサラダや発酵商品、海藻などを多めにとるといいです。

3・運動やストレッチをする

ストレスを溜め込まないようにリラックスをこころがけることも大事です。運動やストレッチやヨガなどで体を動かすとリフレッシュできます。

4・お腹のマッサージをする

幸せホルモンと言われているセロトニンは、腸でできているので、お腹をマッサージしたり、温めることはホルモンの働きをよくし、イライラも減り心も穏やかになります。

また、家族や友人と話したり、映画をみておもいっきり泣いたり、カラオケにいって好きな をうたってストレスを解消したりすこともいいので、自分に合う好きな方法をみつけて、ストレスを発散をして、上手に女性ホルモンのエストロゲンと付き合っていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

-massge
-

関連記事

セルフマッサージについて

自分で行うマッサージは必ずしも、よくないというわけではありません。筋肉や関節をほぐし、調子を維持するのにとても良い方法です。パートナーが見つからないときや、調子を維持するためにとても良い方法です。パー …

マッサージは誰のものか

マッサージの影響は、関節のまわりの繊維組織にも及びます。ただし骨格に関連する不調には専門家の診療が必要です。マッサージは決して万能薬というわけではありませんが、リラクゼーション効果が非常に高く、体が本 …

緊張と凝りをほぐすマッサージ

そもそも体の緊張緩和を目的としないマッサージなどありませんが、ここではそのなかでもとくに緊張緩和に効果があるものを紹介します。もしつぼの知識があれば役立つでしょう。緊張は(ほかの外的な要因も関係します …

no image

マッサージオイルについて

マッサージ前の準備のひとつに、マッサージオイルの選定があります。オイルを選び、手に塗っておきましょう。相手の皮膚との摩擦が緩和され、手がなめらかに動きます。オイルの感触を嫌う人はあまりいません。もつと …

病気を緩和するマッサージ

エッセンシャルオイルを使ったマッサージには、いくつかの一般的な病気を緩和する効果があります。症状が重く、慢性的な場合には専門のマッサージ師の助けが必要ですが、そういう場合以外なら自分でマッサージをして …