detox

体が冷えているとデトックス力がおちる

更新日:

体温が低くなると、新陳代謝が悪くなり、血液循環も滞りがちになります。また、免疫力も低下するので老化が促進され、病気にもかかりやすくなります。

ところが近ごろ、「人間を含めた哺乳類は恒温動物であり、体温を一定に保つメカニズムが働いているので、人為的に体を温めることにはあまり意味がない。むしろ冷えシャワーを浴びるなどして体をあえて冷やすほうが、体温を保つ働きを活発化させて冷えの絵解消につながる」といった理論を耳にすることもあります。

そうした理論が完全に間違いであるとまではいいませんが、そもそも体が冷えている人にとって、体を温めることと冷やすこと、どちらが心地よいでしょうか。

真冬の寒い日に外から帰ってきて、すぐに冷たいシャワーを浴びなさいといわれても、浴びる気にはとてもなれませんよね。そんな時は当然、こたつにはいって温まるほうが気持ちいいはずです。やってみて気持ちのいいことが、体の求めていること=体によいことと考えるのが自然です。

爬虫類などの変温動物ですら、病気になると暖かい場所に向かおうとするといいます。また、養蜂業者の話では、死にかけた鉢を手で包んで温めると蘇生することがあるそうです。鳥類の卵も、温めなければふかしません。

人間は体温によって生命を維持しています。一日のうち、人間の体温がもっとも低くなる時間帯は午前3時から5時ごろですが、人間の死亡がもっとも多いのも、この時間帯です。喘息などの発作や不眠の症状が目立つのもこの時間帯です。

これだけでも「冷え」がいかに人間の心身にダメージを与え、生命を脅かすものであるのかがよくわかるのではないでしょうか。体を温めて冷えからまもることが、健康を保ち、若さや美しさを維持するために何よりも大切なことです。

-detox

Copyright© 麻布十番マッサージよもぎ蒸しサロン , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.