「 aroma 」 一覧

かぜをひいたときの改善方法

2018/11/29   -aroma

かぜ 体が防衛反応を起こしている状態。無理に抑え込まずに症状に合わせて対応を。 漢方的な考え方では かぜは風邪と書きあらわされるように、主に外界の「風」という邪気が体に侵入した結果、引き起こされる症状 …

敏感肌の改善

2018/11/27   -aroma

敏感肌 「気」の不足でバリア機能が低下。補うために「脾」の働きを高めましょう。 こんな症状が気になる 敏感肌は、角質層の主成分であるセラミドが不足した状態で、皮脂膜が不十分なので、ウイルスやアレルゲン …

くすみの改善方法

2018/11/26   -aroma

くすみ 「血」「水」の流れが悪く、血行不良の状態です。睡眠や食生活などを規則正しく。 漢方的な考え方では 表皮のターンオーバーがうまくいかず、肌が再生できずにいます。さらに、角質がはがれ落ちずに、厚く …

肌荒れ、しわの改善

2018/11/25   -aroma

肌荒れ・しわ 「気・血・水」すべてが不足しています。乾燥やふっせい生は大敵です。 こんな症状が気になる 皮膚の真皮組織の骨格を作るコラーゲン、エラスチンやヒアルロンサンの弾力性や水分、柔軟性を保ってい …

シミの改善方法

2018/11/24   -aroma

シミ・肝斑 「血」の質とその巡りに関係しています。眠不足と夜更かしは厳禁です。 こんな症状が気になる シミは、紫外線や炎症によって増産された皮膚の色素成分メラニンが蓄積したものです。本来、肌は表皮のタ …