aroma

リラックスと癒し

投稿日:2018年11月9日 更新日:

漢方では、心のトラブルは「肝」と「心」の働きが乱れていると考えます。「気」の流れをつかさどり、自律神経や情緒と関係のある「肝」の働きが乱れると、「気」の巡りが悪くなり、情緒のバランスが崩れて感情的になりやすく、イライラしたり、怒りっぽくなったりします。逆に、「心」の働きが乱れるのは、「心」に栄養が行き渡っていない状態。精神的なバランスが崩れて落ち込んだり、不安になったり、眠れなくなったりします。血液の循環にも影響するので、顔色が悪く、思考力や集中力が弱くなります。「肝」をリラックスさせるペパーミントやカモミール、「心」を癒すラベンダーなどの香りを利用するとよいでしょう。

イライラ・怒りっぽい

「気」の巡りが悪い状態が長引くと「血」が滞り、肩こりや頭痛の原因にも。

イライラしやすく、すぐにカッとなるなど感情的です。喉や胸が詰まった感じがしたり、手足は冷たく頭が熱い冷えのぼせにもなりやすいです。

漢方的な考え方では

ストレスなどによって「肝」の働きが弱まり、体内の「気」が滞っているのが原因です。「肝」は怒りの感情と関係があり、イライラが続いて「気」の滞りが悪い状態が長引くと、「肝」の働きである血液量の調節や自律神経のバランスが崩れて、不眠や多夢などになることもあります。また、「血」を巡らす力がないために、肩こり、頭痛など体の上部に熱がこもる症状もでてきます。「気」の滞りをよくして、体の中の余分な熱をとり、「血」の巡りをも良くすることが大事です。

イライラの解消には、自分なりのリフレッシュ法をもちましょう。また、精神を落ち着かせるゆりねやなつめのほか、香味野菜など「肝」の働きを助ける食材をとることにより緩和されます。

「気」の巡りをよくするペパーミントなどの香りがおすすめです。精油をハンカチなどにしみ込ませておいて、イラッとしたら香りを吸い込む習慣をつけるとよいでしょう。

「血」の巡りまで悪くなっているので、体を冷やさないようにして、にらやしょうがなど体を温める食材をとり入れるのもいいです。

イライラ・怒りっぽいのを解消してくれる精油は

ローズマリー・ペパーミント・カモミール・ラベンダー

-aroma

関連記事

ヤングリビングのアロマペンダント

アロマペンダントをご存知ですか。 以前たけしの家庭の医学で、認知症予防にいいということで話題になったアロマのエッセンシャルがはいっているペンダントになります。 あれからアロマペンダントも素敵なのがたく …

やる気がでない時の対処法

やる気が出ない やる気がでないのは「気」の不足。胃腸を丈夫にして栄養補給することが大切です。 こんな症状が気になる 心や体が重く、なんとなくやる気がでない。また、大きな仕事などをより遂げた後に感じる燃 …

敏感肌の改善

敏感肌 「気」の不足でバリア機能が低下。補うために「脾」の働きを高めましょう。 こんな症状が気になる 敏感肌は、角質層の主成分であるセラミドが不足した状態で、皮脂膜が不十分なので、ウイルスやアレルゲン …

マッサージオイルを用意する

ベースオイルとエッセンシャルイルは、別々の容器で保管してください。マッサージオイルをつくるときは、ベースオイル50に対してエッセンシャルオイルを最多で25滴まで加えます。これで6回分から8回分のマッサ …

かぜをひいたときの改善方法

かぜ 体が防衛反応を起こしている状態。無理に抑え込まずに症状に合わせて対応を。 漢方的な考え方では かぜは風邪と書きあらわされるように、主に外界の「風」という邪気が体に侵入した結果、引き起こされる症状 …