aroma

リラックスと癒し

投稿日:2018年11月9日 更新日:

漢方では、心のトラブルは「肝」と「心」の働きが乱れていると考えます。「気」の流れをつかさどり、自律神経や情緒と関係のある「肝」の働きが乱れると、「気」の巡りが悪くなり、情緒のバランスが崩れて感情的になりやすく、イライラしたり、怒りっぽくなったりします。逆に、「心」の働きが乱れるのは、「心」に栄養が行き渡っていない状態。精神的なバランスが崩れて落ち込んだり、不安になったり、眠れなくなったりします。血液の循環にも影響するので、顔色が悪く、思考力や集中力が弱くなります。「肝」をリラックスさせるペパーミントやカモミール、「心」を癒すラベンダーなどの香りを利用するとよいでしょう。

イライラ・怒りっぽい

「気」の巡りが悪い状態が長引くと「血」が滞り、肩こりや頭痛の原因にも。

イライラしやすく、すぐにカッとなるなど感情的です。喉や胸が詰まった感じがしたり、手足は冷たく頭が熱い冷えのぼせにもなりやすいです。

漢方的な考え方では

ストレスなどによって「肝」の働きが弱まり、体内の「気」が滞っているのが原因です。「肝」は怒りの感情と関係があり、イライラが続いて「気」の滞りが悪い状態が長引くと、「肝」の働きである血液量の調節や自律神経のバランスが崩れて、不眠や多夢などになることもあります。また、「血」を巡らす力がないために、肩こり、頭痛など体の上部に熱がこもる症状もでてきます。「気」の滞りをよくして、体の中の余分な熱をとり、「血」の巡りをも良くすることが大事です。

イライラの解消には、自分なりのリフレッシュ法をもちましょう。また、精神を落ち着かせるゆりねやなつめのほか、香味野菜など「肝」の働きを助ける食材をとることにより緩和されます。

「気」の巡りをよくするペパーミントなどの香りがおすすめです。精油をハンカチなどにしみ込ませておいて、イラッとしたら香りを吸い込む習慣をつけるとよいでしょう。

「血」の巡りまで悪くなっているので、体を冷やさないようにして、にらやしょうがなど体を温める食材をとり入れるのもいいです。

イライラ・怒りっぽいのを解消してくれる精油は

ローズマリー・ペパーミント・カモミール・ラベンダー

-aroma

関連記事

緊張しやすい・集中力・記憶力ダウンの対処法

緊張しやすい 「肝」が高ぶって神経が張り詰めています。ストレスは大敵です。 漢方的な考え方では イライラと同様に緊張は、ストレスによる影響が大きく、緊張によって体がこわばったり、筋肉も張りつめたりしま …

くすみの改善方法

くすみ 「血」「水」の流れが悪く、血行不良の状態です。睡眠や食生活などを規則正しく。 漢方的な考え方では 表皮のターンオーバーがうまくいかず、肌が再生できずにいます。さらに、角質がはがれ落ちずに、厚く …

冷え性の改善方法

冷え性 胃腸強化と水分代謝がカギ。体を温める「気」「血」を巡らせます。 こんな症状が気になる 成人女性の2人に1人は悩んでいると言われ、夏でも手足が冷たくて寝付けない、重ね着しても温まらない、顔はほて …

ヤングリビングのアロマペンダント

アロマペンダントをご存知ですか。 以前たけしの家庭の医学で、認知症予防にいいということで話題になったアロマのエッセンシャルがはいっているペンダントになります。 あれからアロマペンダントも素敵なのがたく …

更年期の改善方法

更年期・プレ更年期 女性特有の不定愁訴「血の道症」は、「気」「血」の巡りの悪さが原因です。 漢方的な考え方では 更年期障害とは、閉経前後に女性ホルモンのバランスが大きく変化して起こる、様々な肉体的、精 …