aroma

冷え性の改善方法

投稿日:2018年11月19日 更新日:

冷え性

胃腸強化と水分代謝がカギ。体を温める「気」「血」を巡らせます。

こんな症状が気になる

成人女性の2人に1人は悩んでいると言われ、夏でも手足が冷たくて寝付けない、重ね着しても温まらない、顔はほてるのに手足が冷えるなどの症状が起こります。身体の様々な働きがバランスを崩すことによって起こり、悪化すると、頭痛や肩こり、不眠といった症状を伴うこともあります。

漢方的な考え方では

体質タイプから3つに分類します。身体を温める「気」の不足で血行が悪くなり、冷えを感じる気虚。身体を温める栄養分の「血」が不足しているため、身体に栄養が回らずに冷えが生じる血虚。食事のふっせい、ストレスによって血行が悪くなる気滞、「気」「血」の不足は、胃腸の働きが弱って食べ物を上手に栄養にできないと考えられ、「脾」の働きを高めることが大切です。また、冷えは体のなかに余分な水分を溜め込んでいるためとも考えられます。

「冷えは万病のもと。」日頃から体をひやさないように心がけましょう。特に、首元、腰、足首などを温めておくことが肝心です。胃腸が弱く、エネルギーをうまくとりこめないために熱がつくれません。温かく消化のよいものを食べるようにしましょう。適度な運動でストレス発散し、全身の「血」の巡りをよくしましょう。「血」をつくるための栄養を補いましょう。黒豆や黒砂糖などをとり入れるとよいでしょう。血行不良の状態です。腰回しをするなど適度な運動で「血」の巡りをよくしましょう。

冷え性にいい精油は、ラベンダー、よもぎ、シナモン、ジンジャー、クローブ、ベルガモットの精油です。

貧血

夜更かしや不規則な生活も要因に。肌の乾燥や髪のトラブルも引き起こします。

こんな症状が気になる

女性に起こりやすい貧血。月経や出産、偏った食事や、ダイエットなどが原因で生じやすい症状です。鉄分の不足も関係しており、妊娠や授乳中の女性、成長期の子供は、鉄分を普段より多く必要とします。

漢方的な考え方では

「血虚」は、「血液の量が不足している、血液の栄養が不足している」という貧血そのものの意味をもっています。貧血は身体の栄養分である「血」が不足した状態で同時に全身のエネルギーも不足している状態です。まず、「血虚」になった原因を考えてみましょう。「脾」の働きが悪く、食べ物を消化吸収できず、「血」をつくりだすことができない場合や、適度なストレスが不規則な生活により、「血」を激しく消耗したなどが挙げられます。ライフスタイルを見直して、「脾」の働きを高め、「血」を補うものを取り入れましょう。

エネルギーが不足している状態ですから、無理なダイエットや激しい運動を避けて、睡眠をしっかりとり、食生活も見直すことが大切です。また、熱いお風呂や長湯は立ちくらみの原因になるので気をつけましょう。特に、女性は月経中、月経後に血虚になりやすいので、目や脳の使いすぎ、夜更かしは厳禁です。

昔から赤い食べ物は「血」を作ると考えられています。なつめやくこの実、肉やレバー、プルーンなどのドライフルーツは貧血に効果的です。

 

 

 

-aroma

関連記事

自律神経の乱れを整えるアロマ

ストレスや生活が乱れてくると自立神経も乱れやすくなります。 神経はおおくくわけて抹消神経と中枢神経(脳、脊髄)に分けられます。自律神経は末梢神経系に属しています。 おもに臓器担当で心筋、平滑筋、内分泌 …

肩こりの改善のしかた

肩こり 服装や姿勢のクセ、運動不足など日常生活の見直しが改善のカギです。 こんな症状が気になる こりや痛みを引き起こす原因は色々とありますが、筋肉が緊張して部分的に血液の流れが悪くなっている状態です。 …

シミの改善方法

シミ・肝斑 「血」の質とその巡りに関係しています。眠不足と夜更かしは厳禁です。 こんな症状が気になる シミは、紫外線や炎症によって増産された皮膚の色素成分メラニンが蓄積したものです。本来、肌は表皮のタ …

敏感肌の改善

敏感肌 「気」の不足でバリア機能が低下。補うために「脾」の働きを高めましょう。 こんな症状が気になる 敏感肌は、角質層の主成分であるセラミドが不足した状態で、皮脂膜が不十分なので、ウイルスやアレルゲン …

やる気がでない時の対処法

やる気が出ない やる気がでないのは「気」の不足。胃腸を丈夫にして栄養補給することが大切です。 こんな症状が気になる 心や体が重く、なんとなくやる気がでない。また、大きな仕事などをより遂げた後に感じる燃 …