aroma

眠れないときの漢方

更新日:

眠れない

「気」「血」を補って心と体の緊張をほぐすことが大切です。

こんな症状が気になる

不眠には、なかなか眠れない、眠れるがすぐに目が覚めてします、眠れる日や眠れない日があり一定ではない、まったく眠れないなどのさまざまな症状があります。

漢方的な考え方では

五臓の「心」は、「神名(精神、意識、思想など)を司ると言われ、「心」が何らかの原因で、興奮、緊張すると、大脳に影響を及ぼし、睡眠のコントロールがとれなくなり不眠状態が表れます。イライラしてねつけないのは、「肝」の「気」の滞りが原因で、長期化したり激しいストレスに襲われることで起こります。また、心身ともに疲れすぎて眠れないのは、心身の過労、慢性病、胃腸障害などにより「肝」の「血」が不足したためです。身体がだるい、眠りが浅い、夜間に目が覚めるなどは、心労や考えすぎなどで「気」「血」がうまく生成できない気虚の状態です。

「気」「血」の巡りをよくして、心身の緊張をほぐしてあげましょう。横になっているだけでも体力の回復になります。心身を安定させるハスの実、なつめを食べましょう。寝る直前まで頭をつかいすぎたり、仕事に集中しすぎるのも、「気」を高ぶらせるので避けましょう。眠れないことを気にかけるのはやめましょう。黒豆や黒砂糖など黒い食材をとり入れてみましょう。

いつでも眠い

エネルギーとなる「気」「血」が不足している状態。「脾」の働きを高めることが大切です。

漢方的な考え方では

夜きちんと睡眠がとれているのに眠い、昼間に眠くなる、眠くて朝起きられないなどの症状は、「気」「血」が不足していることが原因です。食べ物から栄養がきちんと摂取できないと「気」「血」の不足が起こります。胃腸の調子を整え、消化吸収に関係する「脾」の機能を高めることが大切です。

気虚タイプはやまのいも、さつまいも、かぼちゃなど「脾」を補う食材をとりいれましょう。また食後に眠くなるのは、血虚タイプ。胃腸の消化活動に「血」を使うので脳まで「血」が行きわたっていないからです。にんじんやほうれんそう、きくらげなど「血」を補って「脾」を丈夫にしましょう。

レモンやローズマリーのアロマで脳を活性化して眠気をとばす

レモンやローズマリーは眠気を覚ます香りです。精油をハンカチにおとしたり、お湯のはいったマグカップに落としたりして楽しみましょう。効果的なのは同時にツボを押すこと、百会や晴明、風池をおすことで、脳に「気」「血」が巡り、活性化します。

 

 

 

 

-aroma

Copyright© 麻布十番マッサージよもぎ蒸しサロン , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.