aroma

眠れないときの漢方

投稿日:2018年11月14日 更新日:

眠れない

「気」「血」を補って心と体の緊張をほぐすことが大切です。

こんな症状が気になる

不眠には、なかなか眠れない、眠れるがすぐに目が覚めてします、眠れる日や眠れない日があり一定ではない、まったく眠れないなどのさまざまな症状があります。

漢方的な考え方では

五臓の「心」は、「神名(精神、意識、思想など)を司ると言われ、「心」が何らかの原因で、興奮、緊張すると、大脳に影響を及ぼし、睡眠のコントロールがとれなくなり不眠状態が表れます。イライラしてねつけないのは、「肝」の「気」の滞りが原因で、長期化したり激しいストレスに襲われることで起こります。また、心身ともに疲れすぎて眠れないのは、心身の過労、慢性病、胃腸障害などにより「肝」の「血」が不足したためです。身体がだるい、眠りが浅い、夜間に目が覚めるなどは、心労や考えすぎなどで「気」「血」がうまく生成できない気虚の状態です。

「気」「血」の巡りをよくして、心身の緊張をほぐしてあげましょう。横になっているだけでも体力の回復になります。心身を安定させるハスの実、なつめを食べましょう。寝る直前まで頭をつかいすぎたり、仕事に集中しすぎるのも、「気」を高ぶらせるので避けましょう。眠れないことを気にかけるのはやめましょう。黒豆や黒砂糖など黒い食材をとり入れてみましょう。

いつでも眠い

エネルギーとなる「気」「血」が不足している状態。「脾」の働きを高めることが大切です。

漢方的な考え方では

夜きちんと睡眠がとれているのに眠い、昼間に眠くなる、眠くて朝起きられないなどの症状は、「気」「血」が不足していることが原因です。食べ物から栄養がきちんと摂取できないと「気」「血」の不足が起こります。胃腸の調子を整え、消化吸収に関係する「脾」の機能を高めることが大切です。

気虚タイプはやまのいも、さつまいも、かぼちゃなど「脾」を補う食材をとりいれましょう。また食後に眠くなるのは、血虚タイプ。胃腸の消化活動に「血」を使うので脳まで「血」が行きわたっていないからです。にんじんやほうれんそう、きくらげなど「血」を補って「脾」を丈夫にしましょう。

レモンやローズマリーのアロマで脳を活性化して眠気をとばす

レモンやローズマリーは眠気を覚ます香りです。精油をハンカチにおとしたり、お湯のはいったマグカップに落としたりして楽しみましょう。効果的なのは同時にツボを押すこと、百会や晴明、風池をおすことで、脳に「気」「血」が巡り、活性化します。

 

 

 

 

-aroma

関連記事

シミの改善方法

シミ・肝斑 「血」の質とその巡りに関係しています。眠不足と夜更かしは厳禁です。 こんな症状が気になる シミは、紫外線や炎症によって増産された皮膚の色素成分メラニンが蓄積したものです。本来、肌は表皮のタ …

やる気がでない時の対処法

やる気が出ない やる気がでないのは「気」の不足。胃腸を丈夫にして栄養補給することが大切です。 こんな症状が気になる 心や体が重く、なんとなくやる気がでない。また、大きな仕事などをより遂げた後に感じる燃 …

肩こりの改善のしかた

肩こり 服装や姿勢のクセ、運動不足など日常生活の見直しが改善のカギです。 こんな症状が気になる こりや痛みを引き起こす原因は色々とありますが、筋肉が緊張して部分的に血液の流れが悪くなっている状態です。 …

肌荒れ、しわの改善

肌荒れ・しわ 「気・血・水」すべてが不足しています。乾燥やふっせい生は大敵です。 こんな症状が気になる 皮膚の真皮組織の骨格を作るコラーゲン、エラスチンやヒアルロンサンの弾力性や水分、柔軟性を保ってい …

心の状態から香りのタイプを考える

私のおこなっています施術では、陰陽五行説の「五行説」に基づいて体の機能を分けた「五臓」が、「肝・心・脾・肺・腎(かん・しん・ひ・はい・じん)」の5つです。この五臓が五行説「木・火・土・金・水」と対応し …