aroma

重圧、ストレスの改善

投稿日:2018年11月14日 更新日:

重圧・ストレス

さまざまの病気の原因になるので悔らずに日々の養生、気分転換が大切です。

こんな症状が気になる

病は気からとよく言いますが、ストレス社会である現代では、ストレスがさまざまな病気の原因になっています。仕事や人間関係などの重圧から動悸、息切れなどを疾患症状が起き、不眠になる人もいます。また、ストレス状態が続くと、食欲不振、頭痛、便秘、月経トラブルなどが起こりやすくなります。

漢方的な考え方では

ストレスにより、「肝」の働きが低下して、「気」の巡りが悪くなると、「血」「水」の巡りも乱れます。そもそも気づかれなど、「気」を消耗することで、生命エネルギーが足りづず、「気・血・水」のバランスが崩れてしまうこと、心だけではなく、身体にもトラブルが起こります。また、「気」が不足し、内にこもっているための感情をうまく外に発散できず「心」を傷つけ、精神意識や思考に影響を与えることがあります。

「気」を補い、巡りをよくすることが大切です。「肝」や「心」の働きを高めて、精神を安定させる、なつめ、じゅんぎくやみつば、りんごなどがすすめ食材です。

過労や睡眠不足、朝食抜き、ダイエットなどは、ストレスを増やし、「気」を消耗します。規則正しい生活をこころがけ、運動などは散歩など軽めのものを。

趣味や好きなことに集中することに集中する時間を持ちましょう。セロリやシソなど香味野菜やハーブをとり入れましょう。

おどおど・ビクビク

驚きや恐れが過ぎると「腎」をきづけつ、水分代謝が悪くなります。

こんな症状が気になる

日ごろは違うのに、些細なことに、驚いたり怖がったりしてしまう。また、気が小さく、思い切ったことがしたいのにできない。考えがまとまらず、他人の意見にビクビクしてしまうなど、性格だからと片付けられないトラブルが起こります。

漢方的な考え方では

不要に怖がったり、驚き過ぎると「腎」を傷つけると考えます。さらに、「腎」の働きが低下すると、水分代謝が悪くなり、体に余分な水分をためやすくなるので、むくみが出たり、トイレの回数が増えたり、めまいや耳鳴りなどが起こりやすくなります。漢方では、「腎」は私たちが持って生まれた生命力と捉え、「腎」の衰えは老化のプロセスに深く関わります。ビクビクする心の状態が続くと、抜け毛や白髪、肌の老化が起きやすくなります。

不規則な生活を正して、体を冷やさないようにします。くるみ、はすの実など、「気」を補い、「腎」の働きを高める食材を取り入れましょう。「気」が不足しているので、免疫力が低下している状態です。すべてに完璧を求めず、根を詰めすぎないようにします。はすの実とゆりねのお粥など温かい朝食をとって、朝から「気」を補いましょう。

おどおど・ビクビクにききく精油は、シナモン、ゼラニウム、ローズウッド、ローズがお勧めです。

 

-aroma

関連記事

リラックスと癒し

漢方では、心のトラブルは「肝」と「心」の働きが乱れていると考えます。「気」の流れをつかさどり、自律神経や情緒と関係のある「肝」の働きが乱れると、「気」の巡りが悪くなり、情緒のバランスが崩れて感情的にな …

くよくよ悩むときの対処法

物忘れ 年齢による「腎」の衰えや「気」「血」の不足が原因です。 漢方的な考え方では 物忘れの原因のひとつは、五臓の「腎」の働きが年齢と共に弱くなって起こるものと言われています。「腎」に含まれる「気」は …

かぜをひいたときの改善方法

かぜ 体が防衛反応を起こしている状態。無理に抑え込まずに症状に合わせて対応を。 漢方的な考え方では かぜは風邪と書きあらわされるように、主に外界の「風」という邪気が体に侵入した結果、引き起こされる症状 …

肌荒れ、しわの改善

肌荒れ・しわ 「気・血・水」すべてが不足しています。乾燥やふっせい生は大敵です。 こんな症状が気になる 皮膚の真皮組織の骨格を作るコラーゲン、エラスチンやヒアルロンサンの弾力性や水分、柔軟性を保ってい …

やる気がでない時の対処法

やる気が出ない やる気がでないのは「気」の不足。胃腸を丈夫にして栄養補給することが大切です。 こんな症状が気になる 心や体が重く、なんとなくやる気がでない。また、大きな仕事などをより遂げた後に感じる燃 …