未分類

アンチエイジングにもお勧めな焼きバナナ

更新日:

お手軽に栄養補給ができたり、栄養価がたかいということでバナナを食べる機会はおおくありませんか。ビタミンやミネラルをはじめ、ポリフェノールや食物繊維を豊富に含んでいるバナナは、疲れた時や忙しい時の栄養補給にピッタリの果物です。あたたかい季節は、気軽にたべれますが、寒くなると体が冷えそうな感じがして手が伸びなくなっていくことはありませんか。実はあたためて焼きバナナにして食べることができるんです。焼きバナナにすると栄養価もぐっと増し健康やアンチエイジング力もたかまります。

寒い季節になると運動量が減り、水分量をとる傾向が減るため、腸の血流量や活動性が低下し、自然と便秘がちになる方が多くいらっしゃいます。あなたは大丈夫ですか。

バナナには、食物繊維や腸内環境を整えてくれるビフィズス菌を増やす「オリゴ糖」がおおく含まれているため、便秘がきになる方にはおすすめですが、バナナを温めることによりさらに、その熱が腸に伝わり体を温め、腸の活性化を温める働きが期待できます。

また、寝起きの時は腸の活性化が落ちている状態なので、普段から便秘がちな方は、ホットバナナを朝食で食べるようにすると腸の活動性もアップして、便秘の予防と改善の便秘解消効果がさらにたかまります。快調なお通じはお肌にも大切なことです。ポリフェノール、ビタミンB2、ビタミンB6、ナイアシンも含まれているので、体やお肌の酸化を予防効果もあります。

それらは美肌に欠かせない栄養素といわれています。ビタミンB群は、血液の循環や新陳代謝をよくしてくれ、お肌のターンオーバーも手助けしてくれます。また、シミやしわの原因となる活性酵素の中和する抗酸化作用があり、肌の老化を遅らせる効果があります。

バナナにも含まれているカリウムとは人間の体をつくるうえで、なくてはならないミネラル成分です。バナナには、100グラムあたりにおおよそ360ミリグラムものカリウムが含まれています。そのおかげでお腹の張りがぐんっと減ります。カリウムは、「ナトリウムの摂取量も調整してくれる」という優れた栄養素なのです。そして焼きバナナにすることで栄養素もアップするので、お腹すっきり、便秘の予防、むくみ解消の効果効能があります。

バナナは温めることにより甘味もますので、ほんの少し甘いものが食べたいときやダイエットフードとして置き換えることもできますので、寒くなっていく秋から冬にかけてのアンチエイジング食材として取り入れていきたい食材ですね。

 

 

 

 

 

 

 

-未分類

Copyright© 麻布十番マッサージよもぎ蒸しサロン , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.