マッサージを受けること

マッサージを受けるということをどう思われますか。セルフで自分でマッサージをしているので、サロンで人にしてもらう必要はないと思われますか。やはり人にしてもらうと気持ちいいのでしてもらいたいとおもいますか。

どういう時にマッサージを受けに行かれますか。だいたいマッサージを受けにいきたいと思われるときには、どこか不調を感じられるからいかれるのだとおもいます。

不調というと、何となく疲れが抜けない、強度の肩こり、首が疲れている、背中がはっていると感じられるときだとおもいます。

肩こりや、腰がつらいというほかに、現代人はスマホやPCを多くの時間使っていたり、意識していなくても多くのストレスを知らずしらずのうちに抱えています。そうすると交感神経が優位になり、眠れなくなったり、便秘になったりします。人にマッサージされることにより、触れられることによりリラックス効果があがり、副交感神経が働くようになり、安心感がえられます。また、セルフではマッサージできないお背中をマッサージしてもらうことにより肩こりや首のつからさが軽減されます。

セルフでは、脳は、マッサージをしたということを感じることがきないので、マッサージを受けることは、脳もマッサージを受けたということを認知して充足度があがりますので、気力もアップします。